贈り物にはお返しをしましょう

あなたは何か贈り物を受け取ったとき、お返しをしようとしますか?相手との関係性を長続きさせたいのであれば、お返しはきちんとしましょう。心理学の分野では、「何かを受け取ったときはお返ししなければならない」という心理が研究の中でよく扱われています。そして、このような心理にもとづき、お互い相手の利益になる行動をとり続けることが、関係性を継続させると考えられています。この循環的な様相は「互恵性」と呼びます。この場合、もしも片方の人間が「自分が相手に尽くすばかりなのではないか?」と、相手に対する信頼を失くし、相手の利益になる行動をとらなくなれば、関係性が崩壊します。このような学術的根拠からも、何か贈り物や親切を受け取ったら、それに見合うものを返すことが、お互い助け合う良い関係を維持出来ると考えられます。

出産祝いなどで贈り物を頂いた時には、お礼の意味を込めてお返しをしなくてはなりません。もしも現金などで頂いた時には、半額程度をお返しするようにするといいでしょう。しかし現金ではなく、もので頂いた時にはどのようにして返せばいいのでしょうか。その時にはもらった商品の金額を調べ、その半額程度をお返しするようにするといいでしょう。現金でお祝いを頂いた場合にはどの程度の金額を返せばいいのかわかりやすいものです。物で頂いた場合には金額はわかりづらい所ではありますが、失礼のないような贈り物を選んで返すようにするといいでしょう。